ツイストリングで好みのノートを作る

 

リヒトラブさんちのツイストリングノートにハマりはじめて、リングから穴あけパンチからたくさん揃えました。リヒトラブさんのツイストリング(こちら)は簡単に外せて、しかも表紙が折り返せるくらいスマートで軽量のリングです。
※いわゆる「ルーズリーフ」とは穴の間隔が違うため注意!
上の画像は革製品を色々作っている方に散々わがままを言って作っていただいた、リングノート規格の革製の表紙!かわいいでしょう、鳩ちゃんのでっかい刻印もおしてもらっています。A5サイズ。かんわいー。

 

リヒトラブの穴あけパンチ。
これと、あと小さいパンチと色々買いまして(小さいパンチは全く穴があかないのでどこかへいってしまった)これはリングノート規格の穴あけパンチです。これでばちこんばちこん手持ちの紙に穴をあけまくってノートにします。
こんな感じ。好きな紙なんでも穴開ければ使えるので最高にはかどります。いやーいいわ。リヒトラブさんすんげーリング作ったわー。世の中のリングノートが全て私の味方になった気がするわー。まあでもこれ以上増えないわ、リングって1つあれば十分だもんね中身入れ替えられるし。
♪└( ^ω^ )」
とのんきに考えていたのが春頃のことでした。今ではこんな感じ。

 

リヒトラブに貢いでいる…完全に貢いでいる。着実にツイストリングのみ増えていく。こわい。
本当は全リングノートをツイストリング化してみたかったのですが、結局普段優先して使う紙がトモエリバーなので、紙束をパンチしたり裁断したりして好きなようにツイストリングにはさんで使っています。リングノート自体に付属している紙はあんまり使わない…!
リングノートは増殖します。これこそ1冊あれば事足りるはずなのに…おかしいなー