第1回 ペンケースの中身 -じゅんこ編-

こんにちは、三度の飯よりペンケースの中身が好きだけどご飯のほうがまあ好きなじゅんこです。

皆さん普段どんな文房具持ち歩いていますか?

ペンケースや中身を日々気にしながら、今日はこれ持って行こうかな、明日はどのペン持って歩こうかな、とうきうき鞄の中身を入れ替えるのが大好きです。もはや趣味です。

文房具好き、ガジェット好きの皆さんは鞄の中身も考えるのが好きな方が多いのではないでしょうか。
かくいう私も、鞄の中身がみれるサイトなどを休日1日かけて眺めているのが本当に好きです。気づいたら夜です。そうして人の鞄の中身やペンケースをみて、物欲を日々膨らましていきます。最高。

というわけでまずは自分のペンケースの中身を定期的に見直すことによって、「めっちゃいいじゃん、よしよし」と心を落ち着かせる企画第1弾です。
ちなみに第1回ということで自分のペンケースの中身をご紹介です。
そのうち他の方のペンケースも見せていただけたらな、という淡い期待がありますので、ペンケース見せてもいいよ!という方は是非ご連絡ください。大好きです、そのペンケースの中身。
鞄の中身も大好きなので、次回は「第1回 鞄の中身」もやりたいと思います。



じゅんこのペンケース

1本挿し

まずいつも必ず持ち歩くのはこちら。
首から下げるタイプで、いつでもメモがとれるようにお気に入りのペン1本を日替わりで持ち歩いています。ボールペンの日もあれば万年筆の日もあり、気分で入れ替えて使っています。
実は金属アレルギーであまりネックレスがつけられないので、アクセサリーがわりに使用していたりします。
デメリットは腹にあたってぽんぽんペンがはねるので、インク大丈夫かなというところ。今の所大丈夫です。腹は出ています。

最近のお気に入りの万年筆は Pelikan M215 ブルーラッカー
こちらは昔販売していたもので、今はあんまり見かけないというか中古でもあまり見かけませんが、ペリカンの鉄ペンの万年筆です。
鉄ペンとあなどるなかれ、めちゃくちゃ書き味が良く、最近のお気に入りです。

042 ペリカン M215 ブルーラッカー

2015.01.26

なにやら机の色味が違うのでもうちょっと写真がんばりたい……うーん。

ところで先日発売になったペリカンのアイコニックブルー。

こちら欲しくて欲しくて欲しくて欲しくてたまらんのですが、「ブルーの鉄ペン持ってる……持ってるから我慢しような……」という心で万年筆箱から引っ張り出してきたのがこちらのブルーラッカー。ブルーの色味は全く違うけど、「ブルーの万年筆持ってるじゃん」という事実でなんとか我慢しております。
これで物欲がおさえられれば万々歳です。※Twitterではすでに「買うわもう」と宣言している!

はたしてじゅんこはアイコニックブルーを我慢することができるのか!!

ロールペンケース

それからNAGASAWAさんちのキップレザーシリーズの限定ロールペンケース5本挿し。2015年の神戸ペンショーで発売されたエメラルドグリーン。

入ってるペンは左から

  1. 大橋堂さんの万年筆
  2. セーラー フレンドシップペン 代官山モデル
  3. パイロット キャップレス 螺鈿
  4. アウロラ オプティマミニ バーガンディ
  5. モンブラン 音楽家シリーズ ゲオルグショルティ

最近のペンケースの中身はこんな感じ。
このロールペンケース色がちょうかわいい〜〜〜〜大好きな色なので10本挿しや3本挿しなど全種類欲しかったのですが断念。5本挿しのみ通販でポチりました。
キップレザーシリーズは定番品として黒とボルドーが発売されています。

↓キップレザーシリーズ ロールペンケース 5本挿し↓

↓10本挿しもあります↓

最近の持ち歩きペンケースは以上です。前は20本くらい持ち歩いていましたが、最近は5〜6本くらいしかインクを入れていないのでロールペンケース1つで十分。
ペンシルや消しゴムなどもありますが普段使わないので最近は持ち歩いていません。気分によってペンケースを足したり中身を入れ替えたりします。

まとめ

ざっとこんな感じでしたが、いかがでしょうか。
普段使うペンが万年筆が多いため、ロールペンケースなどを使う頻度が高いですが、普通のペンが入ったペンケースもあります。
定期的にペンケースも入れ替えを行っているため、こちらの企画はシリーズ化していければと思います。
次回は鞄の中身記事も書きたいと思います!

※実際5本も万年筆持ち歩いても使う頻度はとても低いのが悲しい現実……会社などでもばりばり使いたい心はある……