ジブン手帳の使い方

ジブン手帳、使っています。詳しい仕様は→こちら
佐久間英彰さんが作られて、コクヨから発売された、とっても使いやすいバーチカル手帳です。紙は今年から私の大好きなトモエリバー!昨年までは万年筆で裏ぬっけぬけの手帳でしたので、ボールペンで使いつつ、「ああ〜万年筆使えたらな〜」とぶつぶつ言っていたら、今年2014からは裏抜けしにくい、トモエリバーに。
買うしかないと、今年は発売と同時に購入いたしました。
このジブン手帳、3冊はさめる仕様になっていまして、スケジュールとして使えるDIARY、ジブンの記録が一生残せるLIFE、そしてアイデアが書き込める方眼ノートのIDEAがセットになって販売しています。
しかし私、使わないので、2年目キットという、DIARY単体で販売されているものを買いました。ノートはいっぱいあるしな、ライフは書くことないしな…
これがDIARYのマンスリーページ。
オールカラーでとても見やすい!そしてちょうかわいい!こういうフォントというかデザインというか、好きなんですよね〜いいよね〜
日付の横には、3段階でその日の体調や気分を表せるアイコンがあるので、さっと丸かチェックをつければ、その日のジブンの気分が一発でわかるという、こういう細かいところがかわいいんですよね〜いいよね〜
アップにするとこんな感じ。方眼なのに、目立ちすぎない方眼なので、沿って文字を書いても自由に書いても気にならない。かわいいよね〜いいよね〜
これはバーチカルページ。
1日のスケジュールや、あったことを日記がわりに書き込んだりします。最近はお金の管理をするためにこの手帳を使っています。1週間見渡せるので、収支がわかりやすい!どんどん減っていく残高が見渡せる!すごい!つらい!
ジブン手帳のすごいところは、時間軸が24時間あるところです。
使う人によって、活動する時間帯は異なります。24時間書き込めるので、夜型の人も朝早い人にも優しい仕様。かわいいよね〜いいよね〜
日付の下には、その日見出しを書く欄があって、そこにはお天気マークも印刷されているので、ライフログとして使うのにとっても良い。記入しやすい。
下の方には、ちょこっとフリーのスペースと、あと朝昼晩のマークがついていて、その日食べたご飯なども書き込めるようになっています。このスペースも、人によって使い方が違うみたいで、楽しいですね〜いいですね〜

他にもオマケページが充実していて、使い道は幅広い。
これはウィークリープラン、学生さんなんかは、時間割として使えます。

お気に入りをメモするページ。

人にすすめたい、良いものをメモできたり。

頂きもののメモなど。これで忘れないね!

あのお店ではいくらだったっけ、を解消。

2ヶ月ずつ見渡せるページもあります。

ジブン手帳、ある程度書き方を案内してくれる親切仕様な上に、使い方は色々工夫次第でなんにでもなれる手帳だと思います。面白い!そしてデザインが好き!!!!
そんなにみっちり書くことも、私の生活スタイルではないのですが、使っていて楽しいし、見た目も良いし、なにより紙質が良い。
あとDIARYだけ持ち運ぶならば、薄くて軽い!サイズがスリムA5サイズなので、縦が大きめかな〜と思いますが、24時間軸が入ってこの大きさでこの薄さなら、大満足です。

これで文庫サイズ、A6サイズとか出ちゃった日にはもう、あ〜あ、買うよね〜
このデザインで1日1ページとか出ちゃったらもう、買うよね〜
出ないかな〜A6サイズ(A6狂)