Artisan ノート

協和紙工が出してるArtisanというノート。つるっつるの厚めの紙で、万年筆で書くと滑るような書き心地を楽しめます。協和紙工さん→こちら
サイズはB5、A5、A6とあり、なんと8mm罫ノートがあるんですよ!幅太いの大好きなんですよね、9mmとか10mmとかあるともう喜んで買います。だいすき。
で私はA6の8mm罫を買いました。ほぼ日手帳を本格的に使い始めてから、A6サイズノートだいすきになりました。前はA5サイズ馬鹿だったのですが、鞄を小さくしてからA6〜B6までしか使わなくなりました。持ち歩くにはちょうど良いサイズです。
写真はArtisanノートと、モンブランボエム。表紙も赤いし、ボエムのストーンも赤いしで相性抜群です。はーめっちゃかわいい。
ノートにどんな文字を書こうかな、と考えたものの、なにも思いつかないし教養もないので、良いなと思った小説の一文を書き出す、というとんでもオシャレな方法を思いつきました。出来る人っぽい。やばい。最近本を読んでいないので、元々なかった文章力も語彙力も更になくなりまして、大体「やばい」で済ませていることに気づくと、なんだかがっかりしました。本を読もうと思いました。読書は大切です。実は伊坂幸太郎持ってないけど。読むか。